好転反応が出たときには|抗がん剤の副作用も怖くない!キトサンで安心安全ながん予防

抗がん剤の副作用も怖くない!キトサンで安心安全ながん予防

好転反応が出たときには

健康な老人

副作用のようなものではなく、むしろ身体が快方に向かっていることを教えてくれるサインのようなものである好転反応。
好転反応の症状は眠気やだるさなどの弛緩反応の他に、便秘や下痢、腫れ、発汗などの過敏反応があります。
これらの過敏反応は臓器に回復させる力が働くときに発生します。
また、発疹や吹き出物、目やになどが出る排泄反応、それまで悪かった血液の流れが回復する際に起きる発熱や疼痛、頭痛などの症状があります。
これらの反応は悪い反応ではないとわかっていても、やはり症状が重いとつらく感じてしまいますよね。
抗がん剤の副作用対策などの理由でキトサンを飲んでいる途中に好転反応が出たときには、一体どのようにすればいいのでしょうか。

そのときは一時的にキトサンを飲む量を減らすか、思い切って飲むこと自体を中断しましょう。
一旦中断し、症状が収まってから再びキトサンの服用を開始しましょう。
飲む量を減らした場合は少量からはじめて少しずつ量を増やしていき、最終的に元の量へ戻します。
思い切って飲むのを中断した場合も、同様に少量からはじめて少しずつ増やしていきましょう。

好転反応の症状は長く続くのか気になるかと思いますが、そう長くは続きません。
大体の目安として、1日から1週間程度で治まってくれるので、つらい症状がいつまでもダラダラと続くということはありませんので、安心してください。